分蜂誘引剤なら、分蜂時期を逃すことはありません

ニホンミツバチの捕獲に広く使われてきたキンリョウヘンですが、キンリョウヘンの咲く時期と、分蜂の時期を合わせる必要があります。

キンリョウヘンの咲く期間はわずか数週間。分蜂の時期はその数が多い時期を見ても最低でも2か月程度あり、全部をカバーすることは不可能です。

また、分蜂が多い時期に丁度合わせてキンリョウヘンの花を咲かせることは困難でした。分蜂誘引剤の利用者に実施したアンケートでもキンリョウヘンの栽培を難しいと感じる愛好家の声が目立ちました。

分蜂誘引剤なら、効果が45日と長期間持続します。分蜂が始まる少し前に開封し、巣箱に設置しておけば分蜂時期を逃すことはありません。
もうキンリョウヘンが開花しないからといって不安になったり、うまく栽培できなかったためにニホンミツバチを捕獲できず、悔しい思いをすることはできません。

ぜひ分蜂誘引剤をご利用ください。

また、分蜂の時期を明らかにするためニホンミツバチ分蜂マップというサイトを開発しています。ぜひご活用ください。

0 返信

返信を残す

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。